犬飼勝博のお約束。安全とうるおいのある環境づくり。地域を支える文化人と人を育む環境づくり。活力と魅力あふれる産業づくり

ブログ

地域生活懇談会を開催


 5月20日(月)、アイシン・エィ・ダブリュ労働組合の地域生活懇談会を本社工場にて開催させて頂きました。
 この地域生活懇談会は、組織内議員をより身近に感じて頂く事を目的に定期的に開催しております。当日は、執行部からの趣旨説明の後、議員活動報告やくらしの相談解決事例等を報告させて頂き、意見交換を行いました。
頂いたご意見では、小中学校体育館へのエアコン設置やバス路線の見直し等、貴重なご意見やご要望を頂きましたので、今後の活動に活かして参ります。
 当日、貴重なお昼休みのお時間の中、参加された皆様、ご対応頂きました職場役員の皆様、誠にありがとうございました。

2019地協メーデーが開催


 5月12日(日)、連合愛知三河中地協「2019地協メーデー」が岡崎市乙川河川緑地公園にて開催されました。
地協メーデーでは、「格差をなくし、平和を守る!笑顔あふれる未来をつくろう すべての仲間の連帯で!」をスローガンに開催され、今回で90回目の記念すべきメーデーでありました。
 メーデーは、1886年に米国の労働者が1日8時間労働を求めて立ち上がったことを起源とし、日本では1920年に初めて開催されています。
会場では、構成組織や福祉団体が出展されたブース等があり、働く仲間とその家族の皆様が参加された労働者の祭典となりました。

クリーンセンターを視察



4月25日(木)、会派で岡崎市のごみ焼却施設「中央クリーンセンター」の視察を行いました。
中央クリーンセンターでは、「ガス化溶解炉」を採用しており、ごみをガス化することにより発生する熱をボイラーで回収し、蒸気タービン発電機により高効率の発電を行っています。また、従来の「焼却炉」がごみを焼却して灰として排出していたのに対して、ガス化溶解炉ではガス化されていないごみ中の灰分も最大1,800°Cの高温で「溶融」できます。
溶融されたごみはアスファルトの原料などとして利用できる「溶融スラグ」などの資源物として再利用され、結果として一般廃棄物最終処分場の延命に繋がっており、参考となりました。
今回、視察受け入れを頂きました職員の皆様、誠にありがとうございました。

ハートフルデーin西尾が開催


4月20日(土)、デンソーグループハートフルデー2019 in西尾 ~ゴミ拾い&カーブミラー清掃~ がデンソー西尾製作所周辺にて開催されました。
デンソーグループハートフルデーは、よき企業市民として豊かな地域社会づくりに貢献するため、2004年の会社設立55周年から始めた社会貢献活動です。
「Turn Compassion into Action 思いやりを行動に」をスローガンに、世界中のデンソーグループ会社が毎年任意の日をハートフルデーに設定し、地域の実情に合った社会貢献活動を展開する運動であります。
本日は、約100名もの近隣地域の皆様やデンソー従業員とご家族の皆様に参加頂き、ゴミ拾いとカーブミラー清掃を実施しました。
参加頂きました皆様、誠にありがとうございました。

消防操法大会出場団結団式が開催


4月7日(日)、第64回愛知県消防操法大会出場団結団式が一色地域交流センター(消防入隊団式後に開催)にて開催されました。
団結団式では、選手紹介(写真右)や来賓激励、選手答辞等が行われました。
今年度の消防操法大会は、7月20日(土)に蒲郡市で開催を予定しており、幡豆消防団の選手が西尾市の代表として参加致します。
出場する選手6名は、これから約4か月、厳しい訓練を重ねて参ります。
7月に開催される消防操法大会でのご活躍にご期待申し上げます。

このページの先頭へ